読まれるブログの書き方【4ステップの手順付きで詳しく解説!】

2児の母で、現在ブログアフィリエイトを実践中のしゅりです😃

今回は、ブログ初心者の方向けに「読まれるブログの書き方」を伝授します😃

あなたが

・「もっとアフィリエイトの商品を売っていきたい!」
・「少しでも良いので、アフィリエイトで稼げるようになりたい!」

と思っているなら、読んで損はしない内容になっています。

このテクニックをアフィリエイトの文章で実践すれば、あなたのブログの読者を「ハッ」とさせ、心を動かすことができます

ではそのテクニックとは、何なのか?というと、

悩みや不満を持つ読者に、

・「あなたが今抱えている悩みを放っておくと、あなたはこんなことで損しますよ」

と教えてあげて、

その後に、「その悩みを解消する商品を紹介すること」です。

この流れで記事を書くと、読者は

「今のままだとマズイんだ‥。解決するにはどうすれば良いんだろう?」

ついつい記事を読んでしまうのです。

・「でも、何で読者を不安がらせる必要があるんですか?」

・「そんなことしなくても、商品のメリットをアピールする方が売れるんじゃないですか?」

という人もいると思います。

なので、次からその答えを、順番に説明していきますね。

読者を不安にさせる理由

なぜ読者を”あえて”不安にさせる必要があるかというと、「人は損することを一番嫌う」からです。

なので、その「損することを嫌う」といった心理を利用して、アフィリエイトで商品を売りやすくするのです。

この説明だけだと、

・「???」

となると思いますので、以下に具体例を載せますね。

まず、以下の実験をご覧ください。


A. コイントスで、表が出たら3万円もらえる。
B. コイントスで、裏が出たら2万円支払う。

もしこんなゲームがあったら、あなたはこのゲームに参加しますか?


さて‥

この実験の結果はどうだったと思いますか?

結果は、「参加しない」と答えた人が多数でした。

上記を見てわかる通り、得と損のバランスは、得のほうが上です。

「3万円もらう」「2万円払う」ですからね。

それでも、「参加しない」と答えた人の方が多かったのです。

この結果から、人は”損することをとても恐れている”、ということがわかります。

人は損をする状況では、「得すること」より「損すること」に敏感になるのです。

要は、「損しないのが一番だよね!」と思っている人が多い、ということなのです。

人は損を避けるために商品を買う

読者を惹きつける文章

人は、損を回避する商品やサービスを知ると、

・「この商品は買うべきかも‥」

と、商品を買いたくなる気持ちが強くなります。

例えば、日焼けしたくないと思っている、女性Aさんがいるとします。

Aさんは肌が焼けてしまうのが嫌で、夏に外で過ごす時間が長い時だけ、日焼け止めを使っています。

では、ここで簡単な質問です。

Aさんは、なぜ日焼け止めを購入するのでしょうか?

あなたは、

・「Aさんが日焼けしてしまうのを、避けたいからですよね?」

と思いましたよね。

はい、確かにそうです。

Aさんは、

・日焼けすること(= 肌に損となること)を回避できるから、日焼け止めを買う

のです。

人は損をしそうな状況になるとどうなるの?

ただ、Aさんは日焼けを気にしてはいるものの、

・「夏だけ日焼け止めを塗っておけば、大丈夫よね」

と、あまり神経質には考えてはおらず、日焼け止めを塗るのをサボる時もあります。

そんなAさんに対して、

・「繰り返し浴びる紫外線によって、遺伝子の働きに異常が生じて、紫外線を浴びていない肌よりもシミ・シワ・そばかすが出来やすくなるんだって。」

と伝えたり、他にも

・「一般に、老化が原因と思われる皮膚の見た目の変化のうち、最大90%は、紫外線を浴びたことによって引き起こされたものである可能性が高いらしいよ。」

と教えてあげたら、Aさんはどう思うでしょうか。

おそらく、彼女は

・「紫外線って、そんなに肌に悪いんだ‥。このままほったらかしにしてたらマズイな‥。」

と不安を覚え、その次には

・「もっと頻繁に日焼け止めを塗って、ちゃんと紫外線対策をしないと‥!」

と、日焼け止めを買いたくなる欲求が大きくなることが予想されます。

人は損をしそうになるとリスクを解消できる商品を買う

このように、人は自分が損をしそうな状況になると、なんとかしてそのリスクを避けようとします

・「このままだと損してしまう‥。損はしたくないから、なんか対策しないと!!」

といった感じです。

では、その”損”を避けるために具体的に何をするのか?というと、

それを解消できる商品やサービスを手に入れようとするのです。

先程の例でいえば、

・紫外線を浴び続けると、シミ・シワ・そばかすが出来やすくなり、肌の老化を進行させる

というのが「リスク」にあたり、

このリスクを予防・解消する「商品」日焼け止めになります。

つまり、人は

・「このままでは、損をしてしまう!」

と自覚すると、その損を回避したいがために、

・「損を解消できる商品を手に入れたい‥」

という気持ちが強くなるのです。

ということは、この心理をアフィリエイトの文章に応用すれば、

・「このままだと損しますよ〜」と、読者に損することを気づかせて、
・「この商品で解決できますよ!」と商品を紹介すれば、商品が売れやすくなる

というワケです。

実際にアフィリエイトの記事にした場合を、以下に載せます。


【まず、読者に「このままでは危ないですよ‥」と忠告してあげる】
・あなたは今、●●に悩んでいませんか?
・もしこのまま●●の症状をほったらかしにしていたら、あなたに■■なリスクがあるかもしれません。
・他にも〜なことや、〜なことが起こる恐れがあります。

→読者は「え、このままで大丈夫なのかな?!」と悩みを自覚し、不安になる

【その後に、解消できる商品を紹介する】
・でも、大丈夫です。
・この商品を使えば、〜といった問題を解消し、〜の改善を図ることができます。

→読者は「この商品を使えば、リスクを避けれるかも‥」と商品に興味を持ったり、試してみようと考える


ここで考えてみて欲しいのですが、もし上記の文章が【解消できる商品を紹介する】の部分だけだったら、どうでしょうか。

解消できる商品の紹介文だけだと、読者は「へー、そうなんだ」で、終わりそうな気がしますよね。

【読者に忠告する】部分を含んだ文章の方が、読者を「このままだと、マズイ!」と思わせて、心を動かせるような気がしませんか?

「損したくない」心理を使って商品を買わせるテクニックは悪いこと?

読者を惹きつける文章

・「でも、相手を不安にさせるの文章を書くのって、ちょっと気が引けるのですが‥」

という人がいるかもしれません。

しかし、

・「このままでは、損をしてしまう!」

といった人の心理を利用して、商品を買わせるテクニックは、私達の日常の中で当たり前のように存在しています

例えば、

チラシや通販サイトなどでよく目にする、

・本日限定50%オフ!

といった宣伝コピーは、

・「本日中に買わないと、損をしますよ!」

という、販売者の「消費者の心に訴えて、買う気にさせたい!」という戦略が込められています。

消費者は、この宣伝コピーを見て、

・「今日中に買わないと、損してしまう!」

と心が揺らぎ、”損をしたくない”という思いから、つい商品を買ってしまうのです。

他にも、化粧品の宣伝文で

・「肌トラブルが耐えないのは、”肌に合っていない化粧水”を使っているからかもしれません。今回紹介するCメーカーの化粧水は‥」

のように書かれていたら、読み手は

・「肌荒れが治らない原因は、今使っている化粧水があっていないせいかもしれない‥。」

・「このままだと肌に悪いから(= 肌が損するから)、ここで紹介されている化粧水を試してみようかな。」

のように、自分の肌が損することを恐れて、この広告で紹介されている化粧水に興味をもちやすくなります。

この宣伝文も、人の「このままでは、損をしてしまう」といった心理を応用して、商品を買わせるテクニックが使われています。

商品のベネフィットだけでは読者の興味を惹けない

ここまで、

・読者に「今の悩みを抱えたままだと、損をしてしまいますよ」と教えてあげて、

・それを解消する商品を紹介して、売りやすくする

というテクニックについて解説してきました。

もしかしたら、ここで

・「そんなことしなくても、商品のベネフィット(= 商品を買った後に得られる恩恵や利益)だけをアピールする方が売れるんじゃないですか?」

と考える人がいるかもしれません。

確かに、商品の長所や、「商品を得た後で手にする利益」を相手にアピールする方法は王道ですし、間違いではありません。

しかし、長所や利益を語るだけでは、読み手の興味を引きにくいことがあります。

ベネフィットだらけの記事は読者に読まれない

少し想像してほしいのですが、あなたがネットでたどり着いたアフィリエイトの記事の大半が、メリットやベネフィットだったら、どんな印象を受けますか?

例えば、こんな具合です。

・この日焼け止めを使えば、約90%の紫外線をカットします!
・この日焼け止めには美肌成分が含まれているため、毎日使ってもお肌に負担をかけません。
・さらに、この日焼け止めは〜な効用があって、シミ・そばかす対策もできて‥

イメージとしては、こんな文章がさらにずら〜っと続くと思って下さい。

正直、ちょっとうさんくさいというか、押し付けがましいな‥と思いませんでしたか?

こんな調子だと、読者も「何この、アピール満々の記事‥」と、しらけてしまいますし、商品も買われなくなってしまいます。

こういった理由から、アフィリエイトで商品を買ってもらうには、

・まず、読者に「このまま悩みを抱えていたら、リスクがありますよ」と教えてあげて、

・その悩みを本当に解消できる商品を紹介してあげる

といったテクニックが有効であると言えるのです。

読まれるブログを書く方法

読者を惹きつける文章

では、読まれるブログを書くには、具体的にどうすれば良いのか?

と思う人がいると思います。

なので、手順を以下にまとめました。

全部で4ステップです。

ステップ1. 読者が持つ悩みを調べて、それを解消できる商品(or サービス)を探す

ステップ2. 読者が悩みを放って置くと、この先どんなリスクがあるかを書き出す

ステップ3. 商品の利点やベネフィット(= 商品を買った後に手に入る恩恵や利益)を書き出す

ステップ4. ステップ2と3で書き出した内容をもとに、アフィリエイトの文章を書いていく

上から順番に、説明していきます。

ステップ1. 読者が持つ悩みを調べて、それを解消できる商品(or サービス)を探す

まず、あなたのブログの読者が持つ悩みを調べます。

そして、その悩みを解消できる商品(or サービス)を探していきます。

以下は、かなりざっくりですが、肌荒れで悩んでいる女性がターゲットだった場合を想定して、書き出してみました。

悩み:
肌荒れしやすい

解決できる商品:
ビタミンCのサプリメント

ちなみに、

・自分のブログのジャンルに、どんな悩みをもった人がいるかを調べる方法と、
・ターゲットを明確化する方法

の詳細は、以下の記事で詳しく紹介していますので、そちらを参照してくださいね。

アフィリエイトの初心者が副業で稼ぐ前に知って欲しい2つのポイント
ブログアフィリエイトでターゲットを絞るための具体的な2つの手順

ステップ2. 読者が悩みを放って置くと、この先どんなリスクがあるかを書き出す

次に、ステップ1で取り上げた悩みを、読者が今後も持ちつづけるとどんなリスクがあるのか?を書き出していきます。

以下にサンプルを載せます。

・肌荒れは、肌のバリア機能が落ちている状態。

・肌のバリア機能低下が引き起こす肌トラブルには、ドライスキン、吹き出物、シミ、シワ、そばかすなどがある。

・他にも、外からの刺激に弱くなるため、痒みが出やすくなる。

・異物やウイルスが侵入しやすくなり、湿疹や蕁麻疹などを発症したり、慢性の皮膚疾患に至る場合がある。

こんな感じで、起こりうるマイナスなことを、書き出してみてください。

ステップ3. 商品の利点やベネフィット(= 商品を買った後に手に入る恩恵や利益)を書き出す

次に、商品のメリットや長所、ベネフィットを書き出していきます

・商品を買うと、どんなメリットを得られるのか?
・商品を買ったあとに、読者はどんな幸せや快楽、爽快感を味わえるのか?

を考えて、書き出していきましょう。

今回の商品例は、ビタミンCのサプリメントなので、その場合のメリットとベネフィットを、以下に書き出してみました。

・ビタミンCは、ほぼすべての肌質の人に対して、美肌効果を発揮する成分。

・ビタミンCはニキビ跡などの肌の炎症やダメージを改善する効果がある。

・ビタミンCは、肌の酸化を抑制して、肌トラブルの原因を減らしてくれる。

・抗酸化によって肌の糖化を抑えるため、糖化によるたるみの予防になる。

・ビタミンCは身体の免疫力を高めたり、疲労回復にも効果的。

こんな具合に、商品のメリットや、商品を手に入れた後に得られる幸せを書き出してみてください。

ステップ4. ステップ2と3で書き出した内容をもとに、アフィリエイトの文章を書いていく

最後は、

・ステップ2で書き出した「リスク」と、
・ステップ3で書き出した「メリット」

を参考に、アフィリエイトの文章を作っていきます。

その結果が、以下になります。
==================================================

あなたは今、肌荒れに悩んでいませんか?

・色んな化粧品や薬を試しているのに、肌荒れが治らない‥
←【悩みを提示】

と悩んでいる人は、もしかしたらビタミンCが不足しているせいかもしれません。
←【解決策を提示】

肌荒れは、あなたの肌のバリア機能が低下していることを表しています。

肌のバリア機能低下が引き起こす肌トラブルには、ドライスキンや、吹き出物、シミ、シワ、そばかすなど、様々な症状があります。

他にも、外からの刺激に弱くなるせいで痒みが出やすくなることもあります。

また、掻いた場所から異物やウイルスが侵入しやすくなり、湿疹や蕁麻疹などを発症したり、慢性の皮膚疾患に至る場合もあります。
←【このままだと、これから先どんなリスクがあるかを書く】

でも、安心してください。

今回紹介するビタミンCのサプリメントを飲めば、そういった悩みをほぼ解消できます。

そもそも、ビタミンCとは何なのか?と言うと、

ビタミンCは、ほぼすべての肌質の人に対して、美肌効果を発揮する成分です。

他にも、ニキビ跡などの肌の炎症やダメージを改善する効果があります。

またビタミンCは抗酸化作用があるため、肌の糖化を抑えて、糖化によるたるみの予防をすることができます。

このように、ビタミンCには美肌を促進する様々な効果があります。

他にも、身体の免疫力を高めたり、疲労回復にも効果的だとされています。←【商品のベネフィットを書く】

体調を崩しやすく、肌トラブルが起きやすいこの季節は、ビタミンCを取って身体と肌のメンテナンスをするのがオススメです。

今回紹介するビタミンCのサプリメント「●●」商品の特徴は‥
==================================================

これ以降は、商品の特徴などを交えて、商品を紹介するステップに進むようにしてください。

読まれるブログを書く方法のまとめ

それでは、まとめに入ります。

今回は、「読まれるブログの書き方を伝授しました。

どんなテクニックかというと、

悩みや不満を持つ読者に、

・「今抱えている悩みを放っておくと、こんなことを損しますよ」

と、「このまま放っておくと受けやすいリスク」を自覚させて、

その後に、その悩みを解消する商品を紹介することでした。

なぜこんなことをするのかというと、人は損をしたくない生き物で、「損を避けれる商品」を買いたくなる傾向が強いからでした。

では、実際にアフィリエイトの文章で、上記のテクニックを使うにはどうすれば良いのか?というと、

以下の4ステップでした。

ステップ1. 読者が持つ悩みを調べて、それを解消できる商品(or サービス)を探す

ステップ2. 読者の悩みを放って置くと、この先どんなリスクがあるかを書き出す

ステップ3. 商品の利点やベネフィット(= 商品を買った後に手に入る恩恵や利益)を書き出す

ステップ4. ステップ2と3で書き出した内容をもとに、アフィリエイトの文章を書いていく

ブログで読者を惹きつける文章を書くスキルはアフィリエイターの武器になる

今回紹介した文章テクニックを使えば、読者の「買いたい!!」気持ちを強めることができます

あなたが今後アフィリエイトでがっつり稼いでいきたい!と考えているのなら、身につけておいて損はしないスキルです。

後は、あなたが実際に行動に移すだけです。

ここで着実に行動する人は、昨日までの自分から一歩前進できます。

アフィリエイトで稼ぐには、こういったテクニックの積み重ねが肝心です。

小さなことからコツコツと‥を維持することが、アフィリエイトで結果を出すことに繋がるのです。

以下の記事では「お宝キーワードの選び方4ステップとおすすめのキーワードツール」を紹介しています。

関連記事

ブログをGoogleの検索結果で上位に表示させやすくする、お宝キーワードの選び方とは?しゅりです。今回は、「ブログをGoogleの検索結果で上位に表示させやすくする、お宝キーワードの選び方」をテーマにお話しします。[…]

主婦がお宝キーワードを選ぶコツ

もし何か質問などがありましたら、以下の画面から問い合わせていただくことも可能です。

お問い合わせフォーム

それでは、今回は以上です。

これからもあなたにとって有益な情報をお届けしますので、またぜひいらしてくださいね😊

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

しゅり